NEW INFORMATION

« 輸入食品違反事例 2013年5月 | トップページへ | 食品アレルギー カシューナッツ・ゴマ »

食品表示 新法 成立 <2013年6月21日>


食品の原材料や添加物、栄養成分などの表示方法を統一する"食品表示法"が2013年6月21日参院本会議で可決、成立されました。
6月中に公布し、2年以内に施行され、国会審議を経て新法の見直しの検討時期を「施行後5年」⇒「3年」に修正、消費者がわかりやすい表示ルールを改めて議論されます。
これまでの食品表示は3法(食品衛生法、日本農林規格(JAS)法、健康増進法)に分かれていました。この新法で一元化となります。現在まで任意表示だったエネルギーや脂質などの「栄養表示」も義務化して、消費者に表示がわかりやすくなる予定です。
一方で厳密な表示が難しい加工食品の原料原産地や中食、外食のアレルギー表示などが今後の課題です。
images.jpg

国会審議ではアレルギー表示の重要性を指摘する意見が噴出し、名称や消費期限などと同様に表示すべき項目として、
新たにアレルギー物質を示す「アレルゲン」を条文に明記されました。

付帯決議は12項目、法律の成立後、速やかに専門の機関等を設けて課題の検討を始めるように要望されました。

消費者庁や保健所などに分かれていた問い合わせ窓口の一元化や、健康食品の表示や広告の適正化なども盛り込まれました。