NEW INFORMATION

« 食品表示 新法 成立 <2013年6月21日> | トップページへ | 輸入食品違反事例 2013年6月  »

食品アレルギー カシューナッツ・ゴマ


消費者庁は6月30日、食物アレルギー物質として加工食品への表示を推奨する品目に、新たにカシューナッツとゴマを加える方針を決定しました。

表示対象となるゴマの品種などを絞り込み、今夏にも都道府県や東京23区、政令指定都市に通知されます。

goma.jpg


ゴマは健康食品やサプリメントの素材として広く利用されていることから、関係企業には商品表示の見直しが迫れそうです。

消費者庁が医師の協力を得て、2011~12年度に全国で食物アレルギー症状が報告された症例を調査したところ、約3000例のうちカシューナッツは18例、ゴマは12例ありました。

 カシューナッツは急性反応で、呼吸困難や意識障害など重い症状になるアナフィラキシーショックが5件、報告されています。

 この2品目は過去の調査でも食物アレルギーの原因の上位に入っているため今回、奨品目に加えられました。

 健康食品業界では、ゴマを利用した商品開発が行われています。大手食品企業を始め、全国各地でゴマ由来の健康食品が登場するなど、ゴマは人気素材の一つです。
 今回の改正を受けて、関係各社では原材料表示の見直しが求められそうです。

加工食品のアレルギー表示(食品衛生法)

● 義務付けられているもの; 卵、乳、小麦、エビ、カニ、ソバ、落花生の7品目

● 推奨されているもの; あわび、いか、いくら、さけ、さば、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、もも、りんご、牛肉、鶏肉、豚肉、ゼラチン、くるみ、大豆、まつたけ、やまいも の18品目

 カシューナッツとゴマを加えると推奨品目は計20品目となりますが、推奨品目は表示しなくても罰則はありません。

 食物アレルギーは、人によってその原因となるアレルギー物質とその反応を引き起こす量が異なります。また、同一人であっても体調によって、その反応も変わります。
 食物アレルギー体質を持つ人の正確な人数は把握されていませんが、全人口の1〜2パーセント、乳児に限定すると約10パーセントが、何らかの食物アレルギーを持っているものと考えられています。
Nuts and poteto .jpg